カウンセリングルーム名草(なぐさ)では、
国家資格である公認心理師に加え、臨床心理士の資格をもつカウンセラーがカウンセリングを行っています。

不安、パニック、発達障害、不登校、人間関係、誰にもいえない悩みなどに対して認知行動療法などの心理療法を
加えて、マインドフルネス認知療法、EMDRやTFTも行っております。

また、ネットを利用したオンラインでのカウンセリングも可能です。



 
こんな症状・悩みに
利用者の声
料金案内
カウンセラー紹介



          
  ◇ 新大阪ルーム   JR新大阪駅から徒歩3分
  ◇ 和歌山ルーム   JR和歌山駅から徒歩3分
  ◇ 電話/Webカウンセリング (8月より)
 
 

 カウンセリング予約フォーム

 ご予約用・お問合せ電話 090-7111-0035

  


代表 南方真治
◇ ごあいさつ
当ルームはカウンセラーが運営している相談機関で、2002年4月にネット上に立ち上げた「癒しの部屋」に始まります。電話カウンセリング、メール相談、ボランティアカウンセリングといった臨床経験を重ねてきました。当ルームをよろしくお願い申し上げます。
◇ 安心して来談してください
悩みや不安、誰にも言えないこと、どんな困りごとでも結構です。お話を聴かせてください。本人が来られない場合は、ご家族の方でも結構です。予約制で、秘密はお守りします。安心して相談いただけます。

    ■ 依存症回復プログラム(依存症、再犯防止の認知行動療法)
性犯罪加害者、DV加害者、ゲーム依存症、ギャンブル依存症の改善や嗜癖行動からの回復をめざすプログラムです。
毎週面接から間隔を伸ばしていき、時間をかけてサポートします。
 
   

    ■ マインドフルネス
マインドフルネスとは、自分自身をとりまく環境や自分自身の反応にリアルタイムで気づきを向け、受け止め、味わい、手放すこと。評価や判断を加えるのではなく意図的に注意を向ける。マインドフルネスによって、抑うつや不安といった気分の改善を図る心理療法がマインドフルネス認知療法です。
 
   

    ■ EMDR
EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing 眼球運動による脱感作と再処理法):トラウマ(心的外傷)になった出来事を思い出しながら眼球を左右交互に動かすと、苦痛が和らぐことを発見したシャピロ(Francine Shapiro)が考案した心理療法で、PTSDを始めとするパニック障害、恐怖症、解離性障害などに効果があると言われています。
右脳と左脳に交互にリズミカルな刺激を加えるのが特徴で、視覚や聴覚、触覚などさまざまな交互刺激が使われます。WHO(世界保健機関)は「PTSD患者の負担が最も少ない治療法」として推奨しています。
 
   

    事例検討会/スーパーバイズ
心理職、スクールカウンセラー対象の事例検討やスーパーバイズを行っています。
 
   


  カウンセラーを募集
当ルームでは、カウンセラーを募集しております。対象は、臨床心理士及び公認心理師で、医療機関での臨床経験がある方です。
 
       





 
カウンセリングルーム名草 代表 南方真治
本部 〒641-0015 和歌山市布引405-4
予約・問合電話 090-7111-0035
HP http://nagusa.info/
E-Mail nagusa@nike.eonet.ne.jp
 新大阪ルーム 大阪市東淀川区東中島
 和歌山ルーム 和歌山市美園町

 



振込先:住信SBIネット銀行(0038) 普通 リンゴ支店(105) 4351241 南方真治(ミナカタシンジ)